デザイナーズマンションなど個性的な賃貸物件が増えたとはいえ、まだまだ白い壁にカーペットやフローリングの床が一般的な日本の賃貸。制約も多く古いマンションでさえ入居者によるプチ・リフォームの自由度が低いですよね。


 私が20年前にロンドンに住んでいたとき、色々な住宅を訪問しました。イギリスは築年数の古い建物が当たり前で、古い戸建てをシェアする友人の中には、自分で棚を付けたり壁や柱をペンキで塗ったり、またアーティストたちは壁一面に絵を描いたりもしていました。


なかには床下を掘って半畳くらいの地下室を作った人までいて、日本では画鋲の穴さえ気にする賃貸なのに、こんな自由があることに驚きました。


日本でもDIYを楽しむ人が増えブームにもなっています。木造アパートや古い民家まで丸ごと自分たちでリフォームする人までいたり。
大金を使わなくてもアイディアとガンバリ次第でお部屋の雰囲気をがらりと変えることは可能です。


お部屋が大変身!
友人が賃貸の部屋を、まるでどこかヨーロッパのお宅のように素敵に変身させたので一例として紹介したいと思います。


彼女の場合は、大幅な改造は許可されていないので、ペンキや釘を打つことはできないためシールを張ったり壁紙を張ったり工夫しています。
退去するときに「いつでも部屋を元の状態に戻せる」ことがポイント。


クローゼットの扉に本棚風のシールを張って奥行き感がでました。


セルフ・リノベーション

・簡単に貼れて綺麗にはがせる「ウォールステッカー」を使用。


賃貸でもお洒落にリフォーム

・殺風景だったエントランスには黒い窓枠にブルーの「マスキングテープ」を張りカラフルに変身。樹木の鉢植えでデコレイト。


賃貸でもお洒落にリフォーム


何の変哲もなかった白い壁とフローリングの床の部屋が、ここまで素敵に変身するとは!


DIYリフォーム可能賃貸
続々と新築物件が増える中、駅から遠かったり建物が古かったり、条件が悪くて入居者が集まりにくい賃貸物件は、「DIYリフォーム可能賃貸」にして貸し出せば、「DIYを楽しみたい人」と「空室で困っているオーナ」との双方の思惑がうまく合致できるのではないでしょうか。

リフォームをしない分、家主は家賃を安く設定。その代り入居者は自分で壁を好きな色のペンキで塗ったり、棚を付けたり、床を畳からフローリングにしたり。


DIY好きはもちろん、家賃を抑えたい若者や建築、アート関係など個性を表現したい人たちなら、部屋が彼らの作品&展示場にもなります。
もちろん天井や壁の構造まで壊さないなど、制約を付けることは必要になりますが。


最近の100均グッズは使える雑貨が豊富に揃っているし、アイディア次第ではお金をかけなくてもデコレイトできます。

簡単に剥がせる壁紙はもちろん、床に貼って後から剥がせるフロアシート、キッチンなどの模様替えをしたい時、ペンキを塗る前に貼ってはがせるペンキ下地用粘着シートまでもあります。様々な賃貸用のグッズもインターネットで購入できるので、模様替えをしたい人はチェレンジしてみてはいかがでしょう。


ネットで買えるお洒落なDIYショップ情報

・DIY FACTORY
https://shop.diyfactory.jp/landing/top/

・カインズ
http://www.cainz.com/shop/pages/diy.aspx

・DIYショップRESTA
https://www.diy-shop.jp/

・北欧、暮らしの道具店
https://hokuohkurashi.com/

・bonboni(ボンボニ)
http://bonboni.net/fs/bonboni/c/furniture_diy

・壁紙屋本舗
https://www.rakuten.ne.jp/gold/kabegamiyahonpo/

・フロアバザール
https://www.rakuten.ne.jp/gold/floor-shop/




(東京家具付き賃貸 編集部)

Contact

お急ぎの方は希望エリア・予算・入居期間・ご要望を記入しメールでお問合せ下さい。折り返し営業がご連絡させて頂きます。物件情報は日々変動していることをご了承ください。English Available

お問い合せ